体脂肪率の男女差
11月 6, 2015 — 13:05

よく、「男性よりも女性の方が体脂肪率が高い傾向にある」と聞きますよね。それは一体どういった理由からなのでしょうか?

まず、女性の体は、女性ホルモンの影響で体に脂肪が付きやすい構造になっています。
それは、女性の体が妊娠、出産に備えて、たくさんのエネルギーを体に蓄えておく必要があるからです。
逆に、男性の体は、男性ホルモンの影響で体につく筋肉量が多くなり、脂肪量は少なくなる構造になっています。

また、男性と女性では、体に付く体脂肪の種類や場所も異なります。
男性の場合は、皮下脂肪がつきにくい反面、筋肉の量が多いためにそれを動かすエネルギーとして、内臓脂肪がつきやすい傾向にあるでしょう。

しかし、女性の場合は、内臓脂肪よりも女性らしいふっくらとした体型をつくるように皮下脂肪が多く付く傾向にあります。
これはやはり、出産の際に赤ちゃんを守らなければならないので、体温維持のためであったり、骨盤まわりを皮下脂肪によってクッションのように厚くしておく必要があったりするからなのです。
このように、女性が男性よりも体脂肪率が高くなってしまうのは仕方のないことなのかもしれませんね。

また、男女問わず、30代以降になってしまうと、年齢と共に筋肉の量が減少していくので、体内のエネルギーを使う機会が少なくなり、余ったエネルギーが体脂肪として蓄えられていきます。
歳を重ねるごとに標準の体脂肪率が増加していくのは、このためなのです。