脂肪を燃やす有酸素運動
11月 6, 2015 — 13:14

「有酸素運動」という言葉はよく耳にすると思いますが、実際にどんな運動のことを指すのでしょうか?

有酸素運動とは、ウォーキングやジョギング、サイクリング、水中運動などを含む、酸素を消費して充分な呼吸を確保しながら行う運動のことを言います。
有酸素運動は、「脂肪をエネルギー源とする運動」とも言われていて、体脂肪を減らすためにはぜひ取り入れたい運動の一つなのです。

この有酸素運動を行う際のコツは、低強度の力で運動を行うことです。
運動強度が低過ぎる楽な運動でも、運動強度が高過ぎるきつい運動でも、効率よく脂肪を燃焼させることは出来ません。
具体的には、あなたの能力の5割程度の力で、軽く汗ばむぐらいの運動強度が良いでしょう。

脈拍としては、1分間に110~120を越えない程度を目安とします。
その上で、脂肪が燃焼を始めるには20分程度の時間が必要なことから、20分以上運動を続けるようにするといいですね。
忙しくて20分以上運動が続けられないような場合には、10分の運動を1日2回に分けて行っても、連続して20分の運動を行ったのと同様の効果が期待出来ますので、忙しくても運動は続けるようにしましょう。

また、有酸素運動はまとめて行っても効果はありません。週1回、1時間の有酸素運動を行うよりも、週に3回、1日20分の有酸素運動を行った方がより効果的です。
それは、前回の運動の効果が薄れる前に、再び次の運動を行うことで、運動効果を積み上げていくことが出来るからです。