痩せるために食べないはウソ
11月 6, 2015 — 13:18

ついつい私達は、「痩せるため、体脂肪率を減らすためには、食べる量を減らせばいいんでしょ」と、安易に考えがちになりますよね。

けれど、そこは注意が必要です。まず、体脂肪率を減らそうと無理な食事制限をするのは、逆効果であることを覚えておいてください。
食事制限のみで体脂肪率を減らそうとしても、逆に、筋肉の量だけが落ちてしまい、脂肪はそのまま残ってしまうという悲惨な結果になってしまいます。

それよりも、必要な栄養素をきちんと摂取するためにカロリーコントロールされた食事をし、適度な運動をすることによって筋肉をつける方が効率よく体脂肪率を減らすことが出来ます。
筋肉がつくことで基礎代謝量が増えて、消費するエネルギーの量も増えます。

結果として、皮下脂肪の量が減り、体脂肪率を減らすことへと繋がっていくからです。
体脂肪率を少しでも減らそうと、食べたいものも食べないでおなかをすかせてばかりでは、筋肉の量だけを減らして肝心な体脂肪を残すダイエットになってしまいます。

そんなことにならないようにするためにも、体に必要な栄養素はきちんと摂取するようにし、筋肉をつけ、基礎代謝をあげる努力をすることが一番です。
ビタミン、ミネラル、たんぱく質(アミノ酸)は意識して摂るようにし、食事だけでは足りないと感じた時はサプリメントで補っても良いでしょう。

ダイエットに油は禁物のように思われていますが、オリーブオイルやごま油など、天然の植物油なら心配せずに摂っても大丈夫ですし、むしろ必要です。