体脂肪と体重の関係
11月 6, 2015 — 13:32

体重は減っても、体脂肪がなかなか減らないと言うことがよくありますが、では、どうすれば体脂肪を減らすことが出来るのでしょうか。
やはり、体脂肪減少に有効だと言われているのは有酸素運動です。ウォーキングやジョギング、水泳、サイクリングが代表的な有酸素運動になります。

きつすぎない運動を長時間続けることによって効果が表れると言われているようですが、単発的に10分間の運動を5セット続けるという運動の仕方でも充分に体脂肪を減らすことが出来るでしょう。
会社の行き帰りなどに時間の余裕があれば、1駅分歩いてみるなど、ちょっと意識するだけでも効果が出てくるはずです。

運動以外で大事なのが食事ですね。あなたの食生活はどのような感じですか?
不規則な食事や夜遅くにいつも食事を摂っていたり、あまり噛まないで飲み込んでしまったり、ながら食いなどしていませんか?

今あげたようなことが思い当たる人は食生活を改善しましょう。食事が不規則だったり、夜遅くに食事を摂っていたりすると、脂肪を蓄積しやすい体になってしまうのです。
早食いだったり、ながら食いをしてしまうと、満腹中枢が上手く機能せずに、体内に脂肪を蓄積しやすくなってしまうと言われています。

有酸素運動と食生活の習慣の改善と、どちらか一方をやっただけでは体脂肪はなかなか減少しません。
この二つを自分の体調と相談しながら、バランスを保ちつつ、長期的に行っていくと、きっと効果が現れてくるはずです。

あまり最初からどちらも頑張りすぎてしまうと、途中でリバウンドなんてこともよくあるので、無理をせずにコツコツと頑張っていくのが体脂肪減少を成功させる秘訣ではないでしょうか。