体脂肪計の原理
11月 6, 2015 — 15:58

最近では、技術も発達しているので、お手頃な価格で体重計に体脂肪測定機能が搭載されている物が販売されています。
簡単に体脂肪を測定することも出来ますし、記録を保存してくれる機能が付いている体重計も少なくありません。

では、どのメーカーのどの体重計が体脂肪を正確に測ることが出来るのでしょうか。
体重計や体脂肪計で有名なメーカーと言えば、オムロンやタニタだと思います。

しかし、色々調べてみた結果、さほど変わりはないようなのです。
体脂肪計には、体重計にのるだけでそのまま体脂肪を測定出来る物もありますし、手で棒を握って測定する物もありますが、実際にはどちらも多少の誤差が出るようです。
体脂肪を測定するには、とても微弱な電流を体に流し、電気の伝わり方でその人の体脂肪を測定しています。
その中で、より正確に体脂肪を測定するための方法があるのでお教えします。

まずは、体調を充分整えてから測定しましょう。
前日にお酒を飲みすぎて体がむくんでいたり、風邪をひいて体調を崩しているだけでも、大分誤差が出てしまうのです。

あとは、毎日同じ時間帯や同じ条件で測定することが重要です。
例えば、毎日朝起きてからすぐ測定するのであれば、毎日朝起きてから素手素足で測定することを義務づけてください。
これが昨日は朝起きてすぐで、今日は朝食を摂ってからという風にしてしまうと、必ずと言っていいほど誤差が出ます。
一度、「朝起きてから」と決めた場合は、ずっと朝起きてから測定し続けて、その記録を自分で管理していくと良いでしょう。

どんなに評判の良い体脂肪計であっても、測定する時の条件を統一させなければ測定値に誤差が出てしまうのです。