コーヒーでダイエットできる
11月 6, 2015 — 8:22

コーヒーダイエットと呼ばれるダイエット方法は、テレビで取り上げられ関心を集めたダイエットです。

さて、コーヒーダイエットの効果というのは、どのような内容なのでしょうか。
コーヒーに含有されているカフェインは、脂肪を消費させる効果が研究によって証明されています。
コーヒーのカフェインの効果が続くのは飲んでから3時間ほどとされていますので、その間にスポーツなどをして脂肪の燃焼を促進させましょう。
いっそうダイエット効果を高めたいと思うなら、お風呂に入る前に飲むことをおすすめします。

ここで注意しなければならないことは、コーヒーに砂糖を入れずに飲むということです。
コーヒーダイエットの効果をあげたいのならば、砂糖は入れずにブラックで飲むか、あるいはミルクを少し加えて飲むといいでしょう。

一日に三杯~五杯を目安にしますが、食後に飲むと脂肪分が分解されて体に付きにくくなるという効果もあります。
コーヒーダイエットをする際は、アイスでは腸の働きを弱めることになりますので、ホットコーヒーで飲むことが条件です。

コーヒーダイエットのためのダイエットコーヒーも開発されていて、ダイエットコーヒーの中にはクロロゲン酸という成分を入れてあります。
クロロゲン酸は脂肪を直接的に刺激することが可能なので、ダイエット効果も期待することが出来ます。
よくあるコーヒーだと、クロロゲン酸の持つ効果を得るのは不可能だといっていいでしょう。

コーヒーダイエットを実践するのであれば、ダイエットコーヒーを選んだほうが効果的にダイエットできるでしょう。